中国には「薬食同源」という言葉があるように、薬物と食物とはその源が一体であるという思想があります。古典には「上工は未病を治す」とあります。日常の食事に気をつけて、食養生を第一としなさい、最大の病の予防になります。
病気になって服用する薬(現代薬・漢方薬)を小薬といい、病気にならないように心身の歪みを整え、健康を保つ日々の食事を大薬
(未病薬)といいます。
「食は薬力を助け命を養う」
現代は飽食の時代・お金を出せば、季節問わず、食べたいもの、ほしいいものが手に入ります。
しかし季節に応じた物を食べたいものです。人間の身体は季節の影響を受けています。従って季節に応じた物を食すると良いでしょう。
春には芽の物(竹の子・ウドの若芽)を、夏には葉の物(キャベツ・ほうれん草)、秋には実の物(柿・クリなど)冬には根の物(サツマイモ・大根など)を中心に食べると良いかと思います。
秋を例にとると、「ナシ」は、身近な薬食です。
熱をとり、のどの渇きを補い、気管支の症状に効果的です。秋は肺臓が良く働く時季です。従って気管支喘息・鼻炎などを患っている方は肺臓を養う薬・食をとると良いでしょう。半夏(はんげ)入りのナシ煮料理は効果的です。夏で過剰摂取した水分を取り除き、咳・痰を除き肺臓を丈夫にします。そういった意味から漢方医学は薬膳と考えてもよいかも知れません。
毎日の食事、その食物も薬草のように病気、疾患を予防できるし、治療効果もあります。例えば、「刺身料理」、大根は胃腸を丈夫にし殺菌作用がある、菊の花は解毒、山葵は殺菌作用があります。刺身の味をより引き出すという意味もあるかも知れませんが、立派な薬膳料理であり、胃腸を養う食事です。
<薬 用 酒>
東洋医学では、酒は血液の停滞を防ぎ血流を促します。また、風、寒(邪)を防ぎ五臓六腑を養います。さらに漢方薬の作用を増します。
薬酒は民間的に常用され二千年前から良く飲まれていたようです。漢方薬を酒に漬けると、薬効が増し、全身の働きも良くなります。
番紅花酒(ばんこうかしゅ)」
サフラン、生姜(しょうが)が入り冷え症、女性疾患に広く用います。
地 黄 酒(じおうしゅ)」
生命力の源、腎臓を丈夫にし夏の足、腰の疲れに
効果的です。
小建中湯酒(しょうけんちゅうとうしゅ)」
夏の胃腸の疲れに効果的です。この時季食欲
がない、身体が重いなどの症状に効果的です。
<漢方薬の調剤模様>
漢方薬「葛根湯(かっこんとう)」を調剤している様子です。
たいせい堂薬局では薬草をスプーンで調合していますが
やり方はさまざまです。分包機で薬草を調合したり、中国の
あるところのように手で調合したりするところもあります。
ここでは7日分を計りスプーンで1日分ずつ分けます。
ほんとのさじ加減ですね。
夏の疲れに漢方薬     プレスネット掲載(H13/9/15)
気力の低下(気の虚)から疲労倦怠感を生じ元気不足がおきる。胃腸を立て直し栄養素の消化吸収を促進してエネルギー不足を改善する必要があります。
まず良く使われる薬に『小建中湯(しょうけんちゅうとう)』が使われ夏の終わり頃から増えてくる夏バテに用いられる。次に栄養素でも“血”も不足します。
 
冷え,貧血、顔色が悪い、痩せるという症状には「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」が良い様です。

3つめは、水の疲れです。水分の取りすぎで湿気が腰、ひざ、を犯し疲れを下半身に生じさせます。水分代謝を良くする(腎気を高める)「地黄丸(じおうがん)」が良い様です。
copyright (C) 2004 たいせい堂薬局 all rights reserved.