漢方薬ができるまで

説明

いらしゃいませ!

漢方相談用紙に主な症状など記入してもらえますか
わかる範囲でけっこうですので。
不明なところは相談コーナーでお聞きします。

記入用紙にはなるべく詳しく
書いてくださいませ。
説明 漢方相談中です。10分〜20分はかかります

漢方は病名だけでなく、その方の体質やいろいろな症状をもとにして病気の原因を総合的に判断して薬を決めるからです。

ご記入してもらった用紙を参考にして問診と言って詳しくお話を聞いいて、体格・顔色・話し方・脈の状態・舌の状態などから薬を決定していきます。
説明 問診にもとづき調合しているところです。
漢方相談にもとづいて薬草を選択して調合しています。

左の写真は7日分の分量を量りそれを7等分に匙(さじ)で分けます。

さじ加減ですので多少の誤差がでます
調合したおくすりです。
漢方薬の煎じ薬の作り方です。
説明 400〜500Cの水(コップの2杯から

3杯)に一日分の漢方薬を入れます

弱火で40分から50分煎じます。

できるだけふたはしないでください

(ふきこぼれる場合がありますから)
説明 できあがったお薬です。これが一日分になります。
これを一日2回から3回に分けて服用してください。
症状や病状によっては温くして服用した方が良い場合があります。
説明 お会計です。

煎じ方、不明な点ありましたら遠慮

なく連絡くださいませ!


お大事にして下さい。
HOME